このブログでは何度も『シンガポールで働くのがおすすめ』と伝えていますが、唯一と言っていいくらいの悩みがランチの時間にあります


シンガポール中心地区のオフィス街でランチをしようとすると、その種類・店舗の豊富さに不満はありませんが、とにかく人の量がすごくて、行列に並んでは無駄に疲れる、ということが頻繁に起こります。


そんな人混み疲れを回避して、ランチの時間をグッと楽しくするアプリが、今回紹介するミールパル(MealPal)です。
目次・ミールパル(MealPal)とは
・使い方(初月60%OFFになるかも)
・利用者としての感想
・まとめ
・おまけ($30OFFプロモーションコードあり)

ミールパル(MealPal)とは

ミールパル(MealPal)とは月額課金の登録制(サブスクリプション)フード提供サービス(持ち帰り/テイクアウト/テイクアウェイ)で、提携先の店舗に事前注文しておけば、指定した日時に取りに行くだけで、行列に並ばず、支払いせず、ランチがすぐ手に入るという、ランチ難民の悩みを解決してくれるアプリです。(ランチだけでなくディナーの時間帯もあり)


なんか長くてわかりにくくなりましたが要するに、デリバリーと外食の中間に位置するサービスだと思います。
ミールパルのサービス位置づけ

サービス概要

  • サービス名:ミールパル(MealPal)
  • ウェブサイト:https://mealpal.com/
  • サービス開始:2016年(2018年にシンガポールでアジア初進出)
  • 企業形態:グローバルフードテクノロジー
  • 言語:英語
2019年3月現在、サービス展開しているエリアは米国内がほとんどで、まだ日本にはありませんが、ありがたいことにここシンガポールに進出してくれています。


ここから先はシンガポールでの利用に基づいてまとめています。

価格

地域によって少し変わってきますが、大きく分けてランチ用プランとディナー用プランの2種類があり、それぞれ月間の利用回数に応じて価格が異なります。

ランチタイムプラン

  • 月12回プラン:$95.88($7.99/回)
  • 月14回プラン:$97.88($6.99/回)
シンガポールではランチタイムプランで月間利用数は12回と14回がありました。

ミールパルのランチプラン
(出典:MealPal)

14回プランは、12回プランに追加してホーカー2回分($1/回)が食べられるというものですね。


ホーカーの平均的な1回の食事代は$3〜$5くらいなので、お得感が半端ないですね。

ディナータイムプラン

  • 月10回プラン:$89.9($8.99/回)
  • 月15回プラン:$127.35($8.49/回)
ディナーはランチと比べて割高ですが、現地料理を食べない人だと、夕食代が馬鹿にならない金額になってしまうため、提携先での食事が多ければ安く感じられるはずです。

ミールパルのディナープラン
(出典:MealPal)
ちなみにランチ+ディナープランセットもあるようですw

メリット

  • 行列を回避してランチ時間が増える
  • 食費の節約になる
一番強く感じられるメリットはなんと言っても、ランチ時間帯の行列を回避できる点でしょう。


食費の節約については、単純にランチをすべてホーカーにしたら、$4×14回=$56くらいに抑えられるので、ホーカー以外での食事(感覚的にはだいたい$15〜$20/回)を頻繁にする人にとって節約できると言うことができますね。

デメリット

  • 事前注文が面倒くさい
  • 月間回数が微妙
注文はすべて事前予約制になるので、その日の昼12時になってから「何食べようかな〜」というのができません。


これは、ランチをキラキラタイム(ランチはどこで楽しもうかな〜)と思っていないサラリーマンにとってはどうでもいいデメリットですけどね。


それ以上に(しょうがないとは思いますが)やっかいなのが、できるだけ多く使ったほうが単価が安くなるので多く使おうという気持ちを持っていたとしても、「同僚とランチ行くから」とか「(提携外の)あれが食べたい!」とかいった理由がどんどんでてきて、結局利用回数が少なくて割高になってしまうことです。


また月のランチ(勤務日数)はだいたい20回程度だと思いますから、12回プランでも2日に1回くらいのペースで利用できますが、それって正直多いですよね。


こういったデメリットも、同僚と一緒に利用し始めたら解消はしそうですけどね。
オススメしません割高になる?どれくらい利用したらいいかな?とか細かいことが気になる人

使い方

ここで、サービス利用したいという人に向けて、ミールパル(MealPal)の使い方をまとめていきます。

登録〜開始まで(初月60%OFFになるかも)

まずは登録する必要がありますが、かなり簡単に登録できます。
  1. メールアドレスと住所コード(郵便番号)で仮登録
  2. ミールパル(MealPal)でプランを選択してクレジットカードを登録
これで完了です。


あとはアプリのインストールをお忘れなく。
2019/3/4追記登録メールアドレス宛に60%OFFキャンペーンを伝える連絡がありました!
月12回プランが$7.99/回→$4.55/回になりかなりお得です!
急いでなければ、メールアドレスだけ登録しておいて、キャンペーン時に開始するというのもいいですね。

普段の利用時

地図上にあるピンから、店舗を選んでメニューを選んで、取りに行く時間を決めるだけです。
ミールパルの使い方
(出典:MealPal)

YouTubeにも動画もありますので載せておきますが、簡単なので迷うことはないでしょう。

受け取りについて初回は少し緊張するかもしれませんが、スマホさえあれば店員と話さなくてもスマートに(そそくさと)料理を受け取れます。

利用者としての感想

まだサービスを利用し始めたばかりの初心者であることはここでは隠して、常連ぶってミールパルを語ってみたいと思います。

行列に並ぶストレスからの解放は想像以上

シンガポールで一番の悩みどころであるランチ。


その悩みの種は、人混みや行列からくるものであったと気付きました。


そのストレスがなくなったのはとても大きく、ストレスフリー生活に拍車がかかっています。

料金設定は少し割高感あり

先にデメリットで挙げたように、節約の手段としては他にもっといい方法がありますし、シンガポールの食費は日本食などに限定しなければかなり安く済みますからね。


でも行列からの卒業で感じられるメリットの大きさが、新しい意味でのコスパのいいサービスだと思っています。
新しいコスパの考え『安くておいしい』ではなく、『いかに高品質で時間がかからないか』ですね

店舗・メニューが増えればさらにGood

これはミールパルの営業努力にかかってきますが、やっぱり選択肢の多いほうが、利用回数も増えてお得感も高まります。


またプランもより柔軟になると嬉しいけど、まぁ今の状況だと難しいでしょうね。


利用者を増やして、サービスの質向上への投資を増やしてもらわねば!

まとめ

働きやすい国シンガポールでのランチは、大衆との戦いでもあります。


そんな戦いに手ぶらで挑んではいけません。


ミールパルを始めとしたテクノロジーを駆使して、悩みを解決していきましょう。


その先には、ストレスフリーで素晴らしい世界が待っていますよ。
プロモーションコードだ!こちらのサイトから登録すると初月$30OFFですって。
https://sethlui.com/mealpal-promo-subscription-plan-singapore/
※ここから登録しようとも、どこから登録しようとも私には1セントも得しませんのでこのコードが使えなかったとしても私を責めないでくださいね!

閲覧ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチよろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑