多彩な味のカップヌード
マリーナベイサンズ屋上プールからの景色や高級ホテルでのハイティーなど、キラキラしたイメージが強い国シンガポール。


国内観光もお金をかけることで超ハイセンス旅となること間違いありません。


しかし!


何も全員が全員、いつでもキラキラしなくてもいいでしょう、ということで映えないけど嬉しいお土産の一つとして種類盛りだくさんのカップヌードルをおすすめしましょう。


大量に配るにはかさばるし、すごいオシャレかと言うと決してそんなことはありません。


それでももらったら嬉しいお土産として提供者の評価は上がるはずです。


シンガポール旅行のお土産にお悩みの方は必見です。

シンガポールの多彩なカップヌードル

目次
  • なぜお土産にカップヌードル?
  • シンガポールらしい国際色豊かな味の数々
  • 勝手に特徴分けマップ

なぜお土産にカップヌードル?

69408427_1364414070377120_416629634646409216_n
チリクラブ味は癖になります

シンガポールのお土産はTWGの紅茶やマーライオングッズなど様々です。


そんな中でなぜカップヌードルなのか。


それは【安い・美味い・早い】の三拍子そろった奴らだからです。

どこで買える?

シンガポールのカップヌードルはどこでも買えます。


ホテルでの就寝前、帰りの飛行機までのちょっとした時間などで、近くのローカルスーパーやコンビニにはたいてい置いてありますから、夜食を買いに行くついでに買ってくることができます。


日本で普通にカップ麺を買いに行く気分でお土産が購入できますよ。

すぐに買える!

どこでも買う機会がありますし、購入後すぐに手に入れられます。


またスーパーやコンビニではカードやアップルペイでピピッと購入できますから、現金がなくても、(無人レジであれば)会話をしなくてもすぐに購入することができます。


本当に早いからおすすめ!

おいしさは保証済み!

日清カップヌードルの美味しさを理解している人は、シンガポールにあるいろいろな味のカップヌードルにも理解を示すはずです。


日本にあるチェーン店の海外進出では味が変わってしまうことがたまにありますが、カップヌードルは裏切りません。


ある程度味の保証をしつつ、たくさんあるので食べ比べができるというのも、楽しくなりそうです。

一つ120円前後!

カップ麺としては少し割高に感じるかもしれませんが、一つ120円前後で購入可能です。


10個買っても1,200円ほどであれば十分安いお土産と認定されてもいいでしょう。

シンガポールらしい国際色豊かな味の数々

69552727_887089444993571_8575312148207501312_n
九州ホワイトですがパッケージないとわかんない見た目!

シンガポールにあるカップヌードルはたくさんの味を我々に提供してくれます。


日清公式サイトからはすでに消えている味もありますが、2019年8月現在私が確認した味は以下の11種類です。
 多彩な味のあるシンガポール
  1. コリアンアーミーシチュー(Korean Army Stew)
  2. チキン(Chicken)
  3. マッシュルームチキン(Mushroom Chicken)
  4. ラクサ(Laksa)
  5. チリクラブ(Chilli Crab)
  6. ブラックペッパークラブ(Black Pepper Crab)
  7. シーフード(Seafood)
  8. トムヤムシーフード(Tom Yam Seafood)
  9. スパイシーシーフード(Spicy Seafood)
  10. 九州ホワイト(Kyushu White)
  11. クリームオブチキン(Cream of Chicken)

1.コリアンアーミーシチュー(Korean Army Stew)



韓国プデチゲ風味のこの味。


元気のないときに食べるにはもってこいです。

2.チキン(Chicken)



さっぱりとしたチキンベースのこの味。


安定志向の方におすすめです。

3.マッシュルームチキン(Mushroom Chicken)



チキンでは物足りない!きのこ入れちゃえ!


ということで、少し冒険心が出てきたら挑戦したい味です。

4.ラクサ(Laksa)



シンガポールのローカルフードラクサ味。


本当のラクサは太シコ麺ですが、それをカップヌードルの麺で味わうことができます。

5.チリクラブ(Chilli Crab)



シンガポールと言ったらこの味チリクラブ。


もはや当たり前といっても過言ではないこの味は病みつきになります。

6.ブラックペッパークラブ(Black Pepper Crab)



よくチリクラブと並ぶブラックペッパークラブ味。


本当のチリクラブは食べたけど、ブラックペッパークラブは食べられなかったという人は、カップヌードルで補いましょう。

7.シーフード(Seafood)



馴染み深い味のシーフード味もあります。


逆に日本のシーフードとの食べ比べも楽しいかもしれません。

8.トムヤムシーフード(Tom Yam Seafood)



ピリ辛の域を超えているトムヤムクン味。


辛いのが好きな人にはおすすめです。

9.スパイシーシーフード(Spicy Seafood)



トムヤムシーフードとはまた違った辛さを提供するこの味。


シンガポール人は辛いの好きですからね。

10.九州ホワイト(Kyushu White)



我らが(?)九州豚骨ラーメン風のこの味。


ネーミング受けは抜群かも!

11.クリームオブチキン(Cream of Chicken)

69208316_1335875976578420_731744946997952512_n
公式サイトから消えたクリームオブチキン。。

上の写真の黄色パッケージですね。


限定だったのか、人気がなかったのか。


なくなると逆に欲しくなりますね。

勝手に特徴分けマップ

これだけ多いとすべて購入するのも大変なものです。


そこで独断と偏見を持って、私が勝手に特徴分けをマッピングしましたので、購入時の参考にどうぞ。


尚、クリームオブチキンは食べたことないので対象外とします。

カップヌードル味マッピング.001

正直どれも、面白いといえば面白いのですが、ラクサ、チリクラブ、ブラックペッパーあたりが良さそうかなと。


ただ、日本での発売も話題になっていたということもあって、それらを避けてノーマルシーフードの日本版シンガポール版との食べ比べするのもおすすめですね。

まとめ

私は日清の社員でもなければスーパーの店長でもありません。


それでもお馴染みのカップヌードルがグローバル化された姿は、これだけでシンガポールっぽさというのがわかるような気がして面白く感じています。


お土産を選ぶときって、上げる相手に合わせて選ぶ楽しみがありますよね?


ぜひ、ラーメン好きや麺好きの人に買ってあげてみてください。

関連記事


ご拝読ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチしてもらえると嬉しいです。
シンガポールや米国株の人気ブログ一覧が表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑