名探偵ジミー工藤最新映画の舞台はシンガポール

2019年4月K開(=公開)予定

名探偵コナンと言えば、邦画の興行収入でいつもトップレベルに位置するほど、人気の映画を多数輩出する推理好き少年K(未成年のため名前は伏せます。)が主役のサスペンスアニメで原作はKなり(=かなり)の長寿漫画です。

少年Kは黒の組織(ここでは通称として組織Kと呼びます)から変な毒物(体に悪い薬物:通称KKKarada ni warui Kusuri)を飲まされて、小さなK(=体)になるところから漫画は始まります。

もはやKの陰謀だとしか思えない漫画、アニメですが、来春公開予定の劇場版名探偵K(=コナン)は、その舞台が私も住まわせてもらっているKK(=ここ)シンガポールということで、K供(=子供)と一緒に観るにはK都合(=好都合)な映画と言えますね。

いや私K供(=子供)いませんけどね・・・Kわ(=こわ)

ちなみに少年Kとの噂がある工藤新一は英語圏ではジミー工藤で通っていますのでお見知りおきを。

MBSで殺人事件?超監視社会を掻い潜るとは犯人も只者ではないな

最新作『名探偵コナン 紺青の拳』の舞台はシンガポール。19世紀末に海底に沈んだとされる世界最大のブルーサファイアを巡って、コナンと怪盗キッドが、ホテル「マリーナベイ・サンズ」で起きた殺人事件、そしてシンガポールの巨大な陰謀に巻き込まれていくというストーリーだ。
引用:劇場版『名探偵コナン 紺青の拳』4月12日公開!コナン×怪盗キッド×京極真が三つ巴バトル
シンガポールを象徴するような、船を頭の上に乗せた高級ホテルがマリーナベイサンズ(MBS)ですが、事件はそこで起こるようです。

MBSは米朝首脳会談でもその候補地として名が挙げられましたが、管理・警護の範囲が広くなりすぎることなどの理由で実現こそしませんでしたがバラクリシュナン外相のエスコートで、金正恩氏が夜にマリーナベイサンズの屋上展望台にいったことは大きな話題になりましたね。

監視カメラが街中にあるシンガポールの中でも、さらに注意を強化しているマリーナベイサンズホテルでの殺人事件なんて、少年Kが追い詰めることとなる犯人の腕のすごさが際立ちます。

コナン君...プール入れたかな

マリーナベイサンズと言えば屋上にある船とそこにあるプールが有名です。
singapore-1896782_1280
※これはプールではなく、MBSの眼前にある湾です
正直、高校生(小学生?)の少年Kにはこの夜景よりも、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイや世界遺産のボタニックガーデンなど、シンガポールの自然観にも触れてほしい気持ちがありますが、映画ではどういった描写があるのでしょうか。

まぁ夜景を見ながらトロピカルジュースを飲んで、プールで泳ぐのが楽しければそれでもいいよ少年K。

犯人探しに夢中になるあまり、シンガポールを楽しむのを忘れることだけはしないでくださいね。

今年は新海誠監督が手がけたCMも話題を呼んだり、史上初となる米朝首脳会談を実現させたり、何かと話題に上がるシンガポール。

観光客が、公共交通機関を(住民より割高で)利用することで、住民の快適さも増していきますから、少年Kにつられて、シンガポール旅行する人が増えてくれるといいなぁ。

閲覧ありがとうございます。
下のボタンを1日1ポチ!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑