私バフェットマーライオンはシンガポール在住の長期投資家として配当再投資戦略で資産最大化を図ります。


前回記事でOCBC銀行口座を使って証券口座不要の投資方法を紹介しましたが銘柄については特に触れませんでした。


そこで今回はこの積立長期投資にオススメのブルーチップインベストメントプラン(以下BCIP)の銘柄群の中から2017年どの株を買っていたら右手拳を高々と上げて2018年を迎えていたかをランキング形式で見ていきたいと思います。



【シンガポール株騰落率ランキング】

趣旨

長期投資にオススメとは言ってもやはり株価の変動は気になります。


また約20弱の銘柄とはいってもシンガポール航空やDBS銀行などの有名銘柄群からシンガポールの代表株価指数STI連動型のETFまでそれぞれ特徴があって選ぶことができない、と悩まれている方の参考になればいいなと思い昨年1年の動きをまとめます。

ランキング算出方法

  • 2017年の初値(1月3日)株価
  • 2017年の終値(12月29日)株価
  • OCBC「BCIP」の銘柄のみ
  • Yahoo!Financeから抽出
  • 今回は配当を含めない
BCIPの銘柄の中で2017年が始まった時にその株を購入していたら1年後の2017年の終わりにリターンがいくらだったのかを算出しました。


データソースはYahoo!Financeです。


今回は配当を含めず、純粋な株価の騰落率です。

値上がり率TOP3

  1. 43%:DBS(金融)
  2. 39%:OCBC(金融)
  3. 32%:Sembcorp Marine(製造)
シンガポール大手銀行TOP1,2のDBSOCBCがそのまま上昇率上位を我が物顔で座っています。


ちなみに4位には29%で惜しくもTOP3に入りませんでしたがUOBが並んでいます。


米国景気の底堅さから金利の上昇が続いたことでシンガポールでも銀行系は力強く伸びていました。


金融業以外からはSembcorp Marineが健闘。


2018年はここからさらに一時的ではあるものの1.5倍くらい上昇しています。(今は調整気味。)

値下がり率TOP3

  1. −20%:コンフォートデルグロ(交通輸送)
  2. −14%:ウィルマー(製造:パーム油産業)
  3.   −2%:シングテル(通信)
先日Uberの東南アジア撤退が大きく話題となったタクシー業界で苦しい状況が続くコンフォートデルグロが−20%という大幅下落で堂々の値下がり1位を獲得しました。


バスや鉄道などタクシー以外の収益は改善されてもタクシー事業が大きく足を引っ張って投資家の期待は下がってしまっています。


2位には世界最大手のパーム油企業ウィルマー。


シンガポールに拠点を置き世界の3分の1のパーム油取扱いを誇る大企業ですが投資家からは人気がありません。


3位には−2%で通信最大手のシングテルが登場。


2017年の集計期間ではこのような結果ですが通信大手競合のスターハブ(同2%)と並んで2018年もあやしい動きが続いています。


通信株ホルダーの方が含み益を得るのは当分先になるのかなーと思います。

市場平均との比較

シンガポールの代表的な株価指数であるストレーツタイムス指数(STI)の価格に連動するように組み込まれたETFであるNIKKO AM SINGAPORE STI ETF19%でした。

※米国を代表する指数「S&P500」は同18%です。


この市場平均に買った銘柄数は5つで残り12銘柄は市場平均を下回りました。


つまりBCIPの中で2017年は3割の銘柄しか市場平均に勝てなかったということになります。


これが高いと見るか、低いと見るかは自由です。


BCIPのメリットは長期投資を緩く(安価に)続けられる点ですので1年単位の騰落率をそこまで気にする必要はありません。


また期間を3年、5年、10年と広げた場合には全く違ったランキングとなることでしょう。

まとめ

1年の騰落率は気にしないと心に決めても株価は業績を反映させているでしょうから値下がりが続く銘柄を持っていると徐々に不安が増幅してしまうでしょう。


投資の世界では損切りできる人の方が褒め称えられやすいです。


しかし素人の個人投資家は1年単位で投資結果を求められないという最大の利点を活かし悪ければ保有し続けるということを考えてみてはいかがでしょうか?


アジア屈指の高配当でもあるシンガポール株なら数年間売らずに持っていれば配当戦略だ!と言い切ってしまうこともできます。


とまぁランキング形式にしておきながら最終的には気にすんなよというまとめの仕方。


それってどうなんだ、とか何かご意見あればコメントいただければと思います。


ご拝読ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチしてもらえると嬉しいです。
シンガポールや米国株の人気ブログ一覧が表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑