米国株ブログ村。

そこには・・・
株式投資を考え始めた初心者がまず通る(読む)べきブログが集まっていました。


その村では営利企業(メディア)の発信する読まれりゃ何でもいい「これで稼げる!」や「守りながら儲かる」などという如何ともし難い記事とは異なり、ブロガー本人の投資経験を元にしたそれぞれの生き様が綴られています。


それら株式投資、いや米国株式投資における先輩方の経験は、投資を始めようとしている投資ビギナーにとっての投資成功のヒントがいたるところに隠されています。(いや丸出しのもありますけど。)


今回、「投資に興味を持ったけど、米国株ブログ村に出会い戸惑ってしまっている数少ない投資ビギナーに向けて【保存版】米国株(ブログ村)用語集を編纂してみました。


使い方・用例も追記しておきますので、ぜひ普段の生活(コンビニでとか?)で使っていき、米国株投資への精神的ハードルを下げていきましょう!

テストに出ない米国株(ブログ村)用語10選

米国株ブログ村を構成するブロガー(敬称略)

米国株ブログ村を楽しむための基礎用語


米国株ブログ村主要構成メンバー

個人ブロガーといっても、丁寧かつわかややすい、それでいて奥深い銘柄分析をしているプロ顔負け(?)のブログを発信しているかたも多数いて、「バイナリーで億り人ヒャッホウ」みたいなかたがいないのはいいものですね。


投資それ自体は自己責任ですが、米国株ブログ村はどこか「私の発言によって損する人がいたら嫌だな」という責任感を持ったブロガーが多い印象です。


そんな誠実なブロガーもそうでないブロガーも米国株を語る上では必要なファクターですので基本用語としてブログ(ブロガー)を覚えておきましょう。
※敬称略にて失礼します。
※ブロガー名のため用例は控えさせていただきます。

バフェット太郎


バフェット太郎の用語解説

米国株が今ほど認知される前の2016年から米国株情報を発信し、また独自の論理で積み上げられたバフェット太郎10種ポートフォリオは【再現性の高い】投資手法だと思っています。

投資用語としては全く出てくることのない「クソダサい」という言葉やその口調、歯に衣着せぬ物言いに、バフェット太郎アンチの数はかなり多いはずです。

ただおそらくそのアンチを大幅に超える数のファン(読者)がいる、米国株に欠かすことのできない大御所です。

1日2記事を毎日更新していて圧巻の継続力です。

本も出版されているのでここで、大人の理由でアマゾンのリンクを貼っておきます。

バカでも稼げる
「米国株」高配当投資

霧末


霧末の用語解説

2018年春、彗星の如く彼女(能面)は現れました。

能面のあの美白すぎる顔を見たくないと思えば思うほど、米国株ブログ上位に顔を出し、2018年の現時点では米国株ブログ村堂々1位の座に居座っています。

多数の米国株ブロガーとのプロレスを繰り広げ、ブログ村の勝者になった彼女(能面)は、意外にも(?)ブログ更新頻度が1日平均3回以上と半端ないです。

そのため・・・こっちが全然読み追いつきません・・・

いや読もうと思ったら読めそうなので、振り返ってまで読もうとは思わない私の責任です。

そんな霧末さんの目印、能面の画像を載せようとして、写真は怖いからイラストにしようとしましたが、イラストも普通に怖かった・・・

\閲覧注意/

いらすとや
「能面のイラスト」

チンギスハン


チンギスハン用語解説

米国株に限らず、素人ブロガーで珍しい、本人写真で登場するシニアブロガーです。

元から人気がありましたが、本人写真での登場で知名度がさらに上昇?

リタイア後の資産運用で助けになる読者は多そうです。

歴史上の人物を真似た口調などは・・・していません。(いやチンギスハンの口調とか知らん)


たぱぞう


たぱぞうの用語解説

某投資顧問のアドバイザーをされていてメディアにも多数登場するたぱぞう氏はもはや(なにかの)プロです。

幅広い投資知識を持っているたぱぞう氏ですが、私が疑ってかかっている「太陽光発電」のコンサルをしているようでちょっと距離を置いて見ています。

太陽光発電にご興味があれば相談されてみては??

チョコ


チョコの用語解説

このブログは全然読んだことないのでよくわかりません。


米国株投資の頻出単語5選

ここで米国株で頻出の単語を5個選出して解説していきますがその選定方法は【完全主観】【適当】でやらせていただきますのでご了承ください。

ETF

Exchange Traded Funds(上場投資信託)の略ですね。

ETFの用語解説

よく比較に挙がる「投資信託」は投資家から資金を集めて投資のプロが運用を行うことですが、「ETF」はその資金集めを市場で行ってしまおうというものです。

株式売買と同様の手数料、投資信託と同様の信託報酬として「経費率」に応じた手数料が購入費用と維持費用に上乗せされます。

ただしインデックスに連動することを目的としたものが多く、その場合機械的にポートフォリオを調整してくれるので、【経費率が低く】【数十〜数百の銘柄に低額で同時に投資する=分散投資】が可能です。

私もS&P500ETF(VOO)へ絶賛投資中です。

ま、含み損抱えてますけどね!

あの日見たETFの将来を僕はまだ知らない。

ETFの用例

バフェマー「今日のお味噌汁・・・ETF入りすぎてない?どこか体調でも悪いの?」

料理上手の妻「・・・(明日病院に連れて行こう)」

バリュー株投資

米国株を語る上で欠かすことのできない「バリュー株投資」とは売上や利益の成長が期待できないということで、その企業の現在価値が実態よりも(相対的に)低く考えられている銘柄への投資手法ですね。

バリュー株投資の用語解説

具体的に「この銘柄はバリュー株だ!」と断定することは難しいですが、バフェットさんの保有しているコカ・コーラ(KO)は代表的なバリュー株の例になるかもしれません。

健康志向への動きは古くからあり、砂糖を多分に含んだコーラは不健康の代名詞と化していますが、コーラの売り方変革(ボトリング事業の再フランチャイズ化)によって今でもずいぶんと多額の利益を確保されています。

この「不健康そう→購入者減りそう」という一般的な意識と、「数十年高収益続けてまっせ」という企業の収益構造の実態との乖離を見つけることがバリュー株投資の醍醐味と言えます。

バリュー株投資の用例

バフェマー「えっと耳周りは軽くバリュー株投資みたいな感じで、襟足はそれに合わせる感じでお願いできますか?」

美容師「は・・はぁ・・・(やべー客が付いちまったな)」


グロース株投資

一方で「グロース株」は売上や利益の成長が超絶期待できて、その成長にあわせて株価も上昇するだろうからと値上がり益を見込んで行う投資です。

グロース株投資の用語解説

成長率200%なんか当たり前(?)の今という時代に輝く黄金の銘柄群で、持っているだけでドヤ顔ができるところにその特徴があります。

ただ、最近はハイテク企業への風当たりが強くなってきて、また利益成長も過去と比べて鈍化してきたことから株価はそれまで上昇していた分を吐き出し、急降下するなどボラティリティの高さにも定評があります。

米国株ブログ村界隈ではグロース株投資は「ギャンブル」とみなされやすいです。

グロース株投資家の方はお気をつけて!

グロース株投資の用例

バフェマー「弁当と一緒にこのグロース株温めてくれます?」

元美容師のコンビニ店員「・・・(あのときのやべー客だ!!)」


S&P500

S&P500とは
①世界最大の格付け会社スタンダードアンドプアーズ社の採用している
②米国株式市場に上場している代表株(約500銘柄)を集めた株価指数
です。

S&P500の用語解説

私の投資しているVOOをはじめ、多くのETFのベンチマークとして採用される人気の(と言うべきなのか)指数です。

スタンダードアンドプアーズは格付けを行うことで収益を上げていて、批判的に言えば格付けしているだけで成り立つ既得権益ビジネスです。

格付け=信頼はもはや新規参入が許されないくらいに強固になっていて、正直S&P500が暴落してベンチマークしているETF保有者が大損を被っても関係ないぐらいに考えているのでは?と思ってしまいます。

企業の信用度、格付けはブロックチェーン技術の革新で早いとこ世界共通の新しい基準を採用してほしいものです。

とはいいつつ、VOOに投資していてS&P500の底力には期待しています。

S&P500の用例

バフェマー「あ、シュガーレベルはS&P500でお願いします。」

タピオカドリンク店員「・・・(何言ってるんだこの日本人は?)」


GE(ゼネラルエレクトリック)

長らくダウ工業株30種平均に採用され続けてきた生きる化石GE(ゼネラルエレクトリック)。

1世紀も続いたダウ銘柄としての役目は2018年に終わりを迎えました。

GE(ゼネラルエレクトリック)の用語解説

高配当株ということもあり、米国株投資家に人気のあったGEは、株価の底が完全に突き抜けてしまい、いまや誰も近づきたがらない21世紀を代表するクソ株への転身を果たしました。

かつてジャックウェルチが統治したときの力強いGEは、その功績から数々のMBAケーススタディに登場するようなイケてる企業の鏡でした。

しかし多角化しすぎた低収益事業のおかげで、いまやその面影は0です。

そしてこのGEを米国株ブログ村で流行らせたのが「GE太郎」なる人物でした。

GE太郎さんは爆損銘柄となったGEの株を大量に保有し、ブログでその胸の内を語り、絶大な人気を誇りました。

2018年12月現在、おそらく大きな損切りを行い、ついにGE株を売却したようですが、「GEの歴史にGE太郎あり」というほどの衝撃を米国株ブログ村に与えました。

ありがとうGE太郎!
(いや株での損をブログで発信するのって辛いですが、それで救われる人もいるでしょうからね。)

GE(ゼネラルエレクトリック)の用例

バフェマー「この株価下落って...GEじゃんか〜😭」
(最後にきてようやく用例らしさが...)

まとめ

結局終わってみれば10選の選定基準が気になるものばかりというね。

でもこれから増やしていけばいいと思うので今回はこれだけで許していただきましょう。

今回の用語はこちらです。

米国株ブログ村を構成するブロガー

  1. バフェット太郎
  2. 霧末
  3. チンギスハン
  4. たぱぞう
  5. チョコ

米国株ブログ村を楽しむための基礎用語

  1. ETF
  2. バリュー株投資
  3. グロース株投資
  4. S&P500
  5. GE(ゼネラルエレクトリック)
みなさん覚えましたか?

最初にも書いてあるようにテストにもでませんからね!

閲覧ありがとうございます。
下のボタンを1日1ポチ!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑