アップル[AAPL]がやってくれました。


昨年10月〜12月期の業績が下方修正され、それでなくても下がっていた株価はさらに底を突き抜けて暴落していきました。

急落するアップル株価チャート

私のVOO(ヴァンガードS&P500ETF)も構成銘柄比率2位のアップル株下落を受けて損失は拡大。
(ついこの間まで1位だったのに...)


あぁ悲しき年初・・・


まぁ個別銘柄の与える影響は小さいんですけどね。
それでも大幅株安は心に強く響きます。

2018年新型iPhone微妙ですものね

もう使い古していたiPhone6sを昨年11月末にiPhoneXRに買い替えましたが、新端末はどれも微妙ですからね。(買っておいて言う)


中国の不買運動とかも影響していると思いますが、もはやiPhone端末価格を上げるだけでは立ち行かなくなってきてしまったアップル。


端末価格が上がることは特に気にしませんが、iPhoneを買うという動機が薄まってきていますから、そろそろiPhoneを超える革新が欲しいものです。


ソフトで稼ぐのかい?

アップルの収益構造はiPhoneなどのハードからApple PayやApp Storeなどのソフトへと変化してきているのは有名な話です。


もちろん儲かる事業へ集中していただくのは投資家目線ではいいのですが、消費者目線では寂しい気持ちになりますよね。


ソフトでべらぼうに稼いでくれて全然構いません(本当に稼いで稼いで株価を、VOOを上げてくれ頼む)ので、iPhoneの次なる一手へ、自身の成長への投資を期待しています。


私も自分へ投資しなきゃですね!

閲覧ありがとうございます。
下のボタンを1日1ポチ!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑