150万円超だった利益が133万円の損失に

損まみれのポートフォリオ

まずはこちらをご覧いただきましょう。
2018年最終損益率

なんということでしょう。


見事な爆損率ではありませんか。


2017年末には150万円超はあった大きな含み益は見る影もありません。


丁寧な積立投資によって、美しさを残して損失を抱えるポートフォリオ


ここまで損失を抱えたポートフォリオは見たことがありません。


届かない天井となった含み益

1年前には含み益+20%の天井に、何度も頭をぶつけて投資主を悩ませたポートフォリオ。


によってその天井は、投資主が背伸びやジャンプをしても決して届くことのない、開放的な空間へ。


元は+20%の含み益があったなんて誰も信じられません。


このポートフォリオを前にして、聞こえてくる投資主の悲鳴


あの静かだった株式投資が、絶叫を生む装置に変わったことを確かめたの顔にも、悲壮感が垣間見られます。


株式投資の楽しい思い出が、株への恐怖感となって蘇ってきました


あぁ無情。


※匠と投資主は同一人物です。

2019年もよろしくおねがいします

2019年第一回の記事がかなり緩い感じになりました。


株で損失を抱えると、どうしても気をもんでしまいますが、金額は違えど同じく損失を抱える私の叫びを聞くことで少しでも気持ちが軽くなればと願っています。


2019年は投資環境が不透明だ不透明だと叫ばれ、透明度がなくなっていきますが、これからもどうぞこのブログをよろしくお願い致します。


閲覧ありがとうございます。
下のボタンを1日1ポチ!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑