シンガポール在住1988年生まれのサラリーマン。
積立+配当再投資による資産最大化を実践中。
バフェットマーライオンです。

2018年5月第2週の投資実績

5月は例年セルインメイという相場の格言があって
売られやすいという特徴があります。

しかし今年に関しては2018年1〜3月期の
順調な企業決算を背景にした強気姿勢が印象的です。

特にアマゾン、アルファベット(グーグル)や
アップル、ネットフリックスなどの
最先端をいくテクノロジー企業の躍進によって
S&P500などそれらに影響を受けやすい市場平均も
軒並み押し上げられています。

米国株の比率が50%を超える私の弱々しく儚い
ボロボロポートフォリオも上昇傾向にあります。

調子のいい時は気分もいいですね。

ということで
2018年5月第2週の実績損益率は+11.6%です。
(*SGD=81.9 JPY *USD=109.4 JPY)

前週対比で+2.2ptも上がっています。
children-593313_1280
YATTAAAA!!

今年もまだ半分以上ありますからね。
ここからどんどん上がっていって下さいよ。

セクター別の投資状況

1805w2sector
※CG=Consumer Goods

大きな変化はありませんが
テクノロジーセクターの勢い目立ち始めています。
  • Energy 27 %(先週比+-0pt)
  • Teleco 34 %(先週比-1pt)
  • Tech  38 %(先週比+2pt)
  • CG 1 %(先週比+-0pt)
  • 少数点以下については考慮していません。
未だにセクター別で見るとほぼ3種に偏っていて
危なっかしさは残っているので
早急に分散型にしていきたいとは思いつつ
集中してしまうんですよねー。
(危機感なし)

国別の投資状況

1805w2country

シンガポール株の下落を安定の米国株が
すっかりカバーしている状況です。
  • JP 27 %(先週比+-0pt)
  • SG 18 %(先週比-2pt)
  • US 55 %(先週比+2pt)
  • 少数点以下については考慮していません。
シンガポール株の下落はお気付きの通りで
暴落大先輩のスターハブによるものですが
今月配当が結構入ってくるので
まぁ怒りは鞘に収めておきましょう。

今後の運用方針

そういえば米朝首脳会談の開催地が
ここシンガポールに決定したようですね。

朝鮮(中国)と米国の間で存在感を増して
いい役回りになればいいとは思いますが
陰謀とか都市伝説的な話がでてくると少し不安も、
全体的にはポジティブに考えつつ
自分と身近な人の安全に気をつけていきます。

会談は無事終わってくれればいいと思いますし
米国ドナルド大統領による世界平和の実現が
進んでいくことを望んでいますので
これからも市場からは降りずに投資を続けます。

ご拝読ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチしてもらえると嬉しいです。
シンガポールや米国株の人気ブログ一覧が表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑