100万円チャレンジ、賞金100万円、前澤さんのお年玉企画100人100万円など、様々な価値の節目となる100万円。


社会人になって、初任給で親にご馳走して、働き続けて・・・早い人では社会人1年目でも、100万円くらいの余裕資金を手にすることができると思います。


今回はそんな投資軍資金100万円を握りしめた若者に向けて、株式投資を、ETFを、VOOをおすすめする話をします。

100万円は大きくて小さい

まずは100万円という大金を持てたこと、おめでとうございます。


日本人は貯金好きと言われていても、若いうちから100万円の余裕資金を持つことは案外大変で、けっこうすごいことですよ。


学生時代であればものすごい大金ですよね。


ただ、一般的には大きな金額である100万円も、投資をする上では小さく感じてくることがあるので改めてここで、スタート地点にたった自分を褒めてあげましょう。

株式投資で損する人の特徴

100万円を株式投資に当てる前に、損する人としない人の違いを理解しておきましょう。

損する人の特徴

  • 自分には市場を見通す力があると勘違いする
  • 超少ない金額で積立投資をする
  • 頻繁な売買を繰り返す

自分には市場を見通す力があると勘違いする

どれだけ勉強した人も、いやプロですら、投資の世界で絶対儲ける必勝法は確立できていません。


もし、他の人よりも優れたなにかを持っていると思っている人は速やかに市場から退場してください。


その方が安全です。

超少ない金額で積立投資をする

積立投資自体はやるべきだと思います。


でも、月に1,000円とか毎日100円とか細かくやりすぎると、余分なコストが発生することがあります。


余分なコストとは証券会社へ支払う手数料です。


株式投資をする時には街で株が売っているわけではないので、自分で直接、株券を購入することができません。


そこで証券会社が売り場になってくれて、売買を可能にするのですが、そこで手数料を支払います。


手数料は各社違うので、具体的な金額は挙げられませんが、この最低手数料を無視した超少額の積立投資は避けるべきです。


今は証券会社も少額での投資をすすめていて、手数料無料とかもありますので、少額積立投資をする場合には手数料を特に注意してみましょう。

頻繁な売買を繰り返す

市場を見通す力と考え方は同じですが、株価の変動があるとついつい売買をしたくなりますよね。


売買しても思ったような成績が上げられず、その結果を挽回するためにさらに積極的に売買していく、という悪循環に陥る可能性が高いので、まずは頻繁な売買はしないぞ、と決意してから参加しましょう。

VOO集中投資のメリット

ではどんな投資をすれば儲けられるんだ、ということで私がおすすめするのはVOO集中投資です。

VOOとは

VOOはヴァンガード社が提供するS&P500に連動するETFです。


この一行でよくわからない単語ばかりですよね。
用語解説

ヴァンガード社

すごく簡単に言えば『投資』という商品を販売している会社です。

S&P500

米国で上場している大型企業を中心とした企業たちです。


グーグル、アマゾン、アップル、コカコーラなど知っている企業も多いはずです。

ETF

『Exchange Traded Funds』、日本語で『上場投資信託』と呼ばれる投資商品です。


簡単に言えば、皆でいろいろな株を購入できる商品を企業と同じように株として購入しようとするものです。
改めてVOOとは、S&P500連動型のETFです。


もはや意味はよくわからなくても、良しとして、VOOの特徴を挙げていきます。

低コスト

VOO投資の一番の特徴は、一般的な投資信託と比べて圧倒的にコストが低いことです。


投資信託には売買手数料とは別に、信託報酬として定期的に手数料が発生しますが、相場は1%くらいでしょうか。


VOOの信託報酬は0.04%です。


100万円投資して単純に400円です。


スタバで小一時間過ごすくらいですね。


ただしここで注意したいのが、売買手数料は別で発生しますので、証券会社で実際の手数料、コストがどの程度になるかは確認しておくといいでしょう。
(ここでまとめろよという話ですけどね。)

分散できている

S&P500に連動するETFのため、構成銘柄は米国を代表する企業約500社。


VOOだけで分散投資をしていることになります。


米国だけで大丈夫?とか株式だけで大丈夫?とかもあると思いますが、大丈夫です。


めっちゃすごいですから。
(根拠は?と思った方は鋭い!)

VOO集中投資のデメリット

つまらないです。


投資に面白みが欲しいという方は飽きてしまうと思います。


逆に投資に時間を割きたくない人は、買ってほうっておくだけなので始めやすいですね。

私のVOO成績通知

もちろんおすすめしている私も昨年からVOOへの集中投資をしています。


そんな私のVOOの1月末の成績は以下の通り。
私のVOO成績
  • VOO保有数:70
  • 平均購入単価:US$ 257.49
  • 評価損益:US$ −649
損してる!


そうです。


損してます。


でも売却していないので実際には損していません。


あと10年位したら儲けられればいいかな〜。


まとめ

もっとしっかりと勉強したかったり、ちゃんとした情報が知りたいと思った方は、他のサイトでまとまっていますのでそちらを参考にしていただければと思います。


でも一つ言えることはVOOを完全否定することができる人はいないと思います。


VOOへの投資を否定している記事を見つけたら読みに行きたいので教えていただけると幸いです。

閲覧ありがとうございます。
下のボタンを1日1ポチ!

よろしくお願いします!

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑