シンガポール在住バフェットマーライオンです。


シンガポールは知る人ぞ知る金融国家です。


キャピタルゲインが非課税といったことをご存知のかたも多くいらっしゃるかもしれません。


1億円儲けたら1億円が手に入るなんて・・・


非課税っていいなぁ・・・


なんて妄想は置いておいて投資環境の優れたここシンガポールでは証券会社の選択肢も多くて株への投資に興味を持った投資初心者にとっては数ある選択肢の中から選ぶのも一苦労です。


そんな投資を始めたいという方に向けて簡単な比較をしていきたいと思います。


すでに詳しい方にとってはどうでもいい話ですが困っている方の背中を少しでも押すことができれば幸いっす!そうっす!幸いっす!


尚、ここに挙げた以外にもたくさんありますが特徴的なもの、代表的なものに厳選して取り扱わせていただきましたことご理解ください。

日本国内で米国株を購入しようと思ったら楽天証券、SBI証券、マネックス証券の三つが代表的な証券口座になるかと思いますが、世界の銀行、金融機関の集まるシンガポールでは本当に悩みの種が多いことを実感しました。



コツコツと長期投資したい方へ

スタンダードチャータード(SC)

  • 本拠地:ロンドン
  • HP:https://www.sc.com/sg/
  • 下限取引手数料:10SGD〜
  • 取引手数料率:0.20%

本拠地ロンドンのスタンダードチャータード、略してSCの証券口座の特徴はなんといってもその低い下限取引手数料です。


他の多くの証券会社の下限取引手数料が一般的に約25ドルということを考えるとその安さはかなり際立っていますね。


また取引手数料率は0.20%ということでこちらも他の一般的な証券会社と比較して安い水準です。


こういった手数料の安さはそのまま投資成績にも多分に影響を与えますので1回の投資額が少なめで長期で運用したいという方にはオススメです。


1回の投資額が少なめといっても流石に1回100SGDずつの投資をしてしまうと購入費用90SGD+手数料10SGDということで手数料込み金額の10%という高さになりますのでもちろん注意が必要ですよ。


個人的には手数料0.20%を最大限に活かすため1回あたり5,000SGD以上の投資をオススメします。(オススメというとおかしいか。)


また大本のスタンダードチャータード銀行はシンガポール政府系投資会社であるテマセクHDから投資を受けているお墨付きの企業です。


テマセクHDが全てというわけではありませんが銀行業でも優良な企業が並ぶシンガポールで国内大手OCBC銀行やUOB銀行を抑えてポートフォリオに食い込んでいるという事実はどこか安心感も与えてくれます。


本業での手堅さに加えてこの安い取引手数料。


シンガポールで投資を始めようとする時にSCを第一候補として挙げておけば大丈夫でしょう。

玄人トレーダーを目指す方へ

サクソバンク証券(SAXO)


サクソバンク証券の親会社サクソバンクはデンマークで認可を受けた銀行で日本人には馴染みの薄い企業かもしれませんがFXやCFDなどのオンライントレードサービスを先進的に提供を始めてきた背景からFX投資で言えばある意味老舗の証券会社です。


その特徴もFXで培われた高い約定力などシステマチックな面が挙げられてどちらかというと初心者よりも頻繁な売買を好む玄人からの人気がありそうかなと思っています。


システム面での安定性、信頼性の高さからか下限取引手数料の安さや手数料率の低さも特徴的な証券口座となっています。


また米国株の取引は通常の手数料形態とは異なり例えばナスダック銘柄の購入時には一株あたり0.01USD(下限3.99USD)が発生します。


アップルの株価が191USDくらいですのでアップルの株を1,000株購入しようとすると1,000×0.01USD=10USDで手数料率に戻すと10USD÷191,000=0.005%でしょうか?


こりゃ低すぎ!?


ということで10,000USDで考え直しますと・・・


10,000USD÷191USD=約52株
52×0.01USD=0.52USDということで下限の3.99USDが適用されますね。


3.99USD÷191USD×52=0.04%!?

これちょっと安くないですか?


私なにか間違ってますか?


でも公式サイトに書いてあるからやっぱり正しい?


saxo_fee


でも下の方に1,000株までだっぴょん的な記載が!


それでも上記の範囲内になりますしシンガポール株の0.12%(下限15ドル)も十分低いのでこれは玄人向けとか言ってないで試して見る価値がありそうです!


ちなみに私が始めてシンガポールに到着してチャンギ空港でタクシー待ちをしている時にその傍らで巨大な看板広告を見つけたことを今でも鮮明に覚えています。


FXはやらないからなぁと半ばあきらめ、やらず嫌いをしていましたが今回を機に試しに口座開設してみようかなぁ。

IB、シンガポール在住者だめだってさ

インタラクティブブローカーズ(IB)※

  • 本拠地:アメリカ合衆国
  • HP:https://www.ig.com/sg
  • 下限取引手数料:15SGD〜
  • 取引手数料率:0.10%

先進的な料金体系やオンライン上での口座開設など日本でも知っている方は少なくないと思います。


シンガポール株式手数料をまとめていますが他と比べても手数料率は低く設定されていて手数料が低いと言ったらIBだ、みたいな空気すら感じられてきますね。


ただ一方でその安さにも繋がるかもしれませんが公式HPの内容がちょっとわかりにくい。。


もう安いからさ、さっさと口座開設申し込んで取引しちゃいなよといった雰囲気を感じます。(あくまでも個人的主観です。)


そんな安さが売りのIBですがここでシンガポール在住の方へお知らせです。


すでに※マークにお気づきの皆さんはおそらくシンガポール在住ではありませんか?


IBはシンガポール居住者に対してシンガポール株式の取扱を受け付けていません。


つまり上で挙げた手数料やらなんやらはシンガポール在住者にはなんの意味もありません。


安いと思ったら以外な所に落とし穴が・・・まぁ他を当たるんでいいですわIBは。


そのIBと肩を並べる安さのSAXOさんに少し気持ちが行ってしまっているからなのか全然悔しくもなく、そうだったんだぁという乾いた感情のみ残っています。

日本人の拠り所

フィリップ証券

  • 本拠地:日本?グループ本社シンガポール
  • HP:https://jpweb.poems.com.sg/
  • 下限取引手数料:25SGD〜
  • 取引手数料率:0.28%

他の手数料の安い証券口座と比べてしまうと思わず目を疑いたくなるような取引コストの高さ。


シンガポールで唯一?日本語での口座開設や対応を受け付けてくれる証券会社です。


フィリップキャピタルグループはシンガポールを拠点にアジアでも代表的なグループ企業ではありますがその特徴が日本語対応可というくらいかと思うと少しさびしくはありませんか?


もちろん他の一般的な証券会社の口座と同程度の手数料形態ではあるので手数料はそこまで気にしないといった方や日本の対面取引と比べたらましだ、といった失礼ながらちょっと情報感度の低い方でも不自由は感じることなく利用できると思います。


私もシンガポール投資デビューはこのフィリップ証券のカストディアン口座でしたが使っていくうちに不満は募っていくばかりでこの口座を今後どうするかに悩んでいます。


サクソバンク証券の口座がよければいっその事全部そこに集中させたいくらいです。


もしフィリップ証券を検討している方がいたらSCかSAXOでもいいんじゃないか?と問い正したいと思っています。


それでもフィリップ証券がいいのだ!


ということであれば私はもう何も言わない・・・


結構なディスりになってしまいましたがまぁ手数料は安ければ安いほど(だいたいは)いいですからね。


購入と売却で手数料はそれぞれ2倍になりますからSCで0.4%、フィリップ証券で0.56%という差を自らのパフォーマンスで挽回する覚悟を持てば




そうなったらさらにどこでもいいでしょう・・・




おまけ

基本的な口座開設の手順

基本的な口座開設手順については各社で同じような書類が必要になります。


詳細は各社HPでご確認いただければと思いますが参考のためここに必須書類を挙げておきます。

========================
・6ヶ月以上有効なパスポート
・現住所が記載された、SP Serviceの明細又は
 銀行からの郵便物(共に3ヶ月以内)
・勤務先の住所と電話番号
・シンガポールの銀行口座番号
(DBS / POSB, OCBC, UOB, Maybankいづれかに
 口座をお持ちの場合)
========================

また全体の開設手順についてはこちらの記事でもまとめていますので証券口座開設にご興味のある方はご覧いただければ幸いです。


まとめ

長期投資をする上で重要になる手数料という観点を重視してまとめてみました。


ここで挙げた手数料以外にも口座維持手数料など固定コストも発生するかもしれませんがそれでもこの安さは非常に魅力的に写りますね。


日本では米国株を購入するなら楽天証券、SBI証券、マネックス証券が代表的でしょうか。


シンガポールでも各社が切磋琢磨してサービスの向上に繋がっていけばいいなと思わざるを得ません!

ご拝読ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチしてもらえると嬉しいです。
シンガポールや米国株の人気ブログ一覧が表示されます。

にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑