米国株に投資をする人もそうでない人もこんにちは。


シンガポール在住のサラリーマン投資家バフェマーです。


年始は中東情勢に緊張が走っていますが、米国大統領を信じて(信じなくても?)株はガッチリホールドです。


そんな継続男子である私の投資方針は以下のように設定しています。
投資方針・ルール
  1. 3ヶ月に1回S$9,000(約72万円)を株・ETFへ投資する
  2. 配当を再投資する
  3. 投資ルールを守る
関連記事
3年で500%超成長した私のシンプルな投資ルール(損益はご察し)

今はVOOへの定期集中投資を続けていますが、原則購入銘柄とか損切ルールとか設けていません。


ただただ機械的に買い増していくスタイルです。


そんな継続男子で株購入マシーンである私は、配当には目がないおじさんでもあります。


2019年も配当、分配金をたくさんいただき、追加投資させていただきました。
(以下、面倒くさいのですべて配当に統一します。)


その記録を、ここに刻みます。

2019年は配当金約33万円

継続男子で株購入マシーンで配当には目がないおじさんは結論を先に書きます。


2019年は約33万円(S$4,067)の配当金をいただきました。


この配当金は米国株からUS$、シンガポール株からS$、絶賛休眠中の日本株から日本円でそれぞれいただいていますので、換算するときの為替によって変化します。ご了承を。

2018年から8%増配

3つの通貨で、もらった口座から引き出していませんので、本当に為替で金額が変わってしまうのですが、現時点での換算として、昨年の配当金合計が30万円でした。

関連記事
2018年配当金は30万円超!これも再投資して資産を増やします!

2019年は四捨五入しなければ32.5万円なので、年間配当金は約8%増えました。

増えた要因は
  • 保有銘柄の増配
  • 積立投資で保有数の増加
です。


保有銘柄の増配と言ってもそんなに大きくありませんので、ほとんどが保有数の増加によって配当金が増えたということです。

2020年の配当はどうなる?

とりあえず、2020年も3ヶ月に1回の積み立て投資と配当再投資は継続しますので、保有数増加で2019年よりは増えるはずの2020年配当金。


もちろん減配があれば下回りますが、そうそう減配なんてありませんし。
(スターハブは保有してから2度減配しています。。)


海外株式投資を始めてからの累計配当金は約79万円ですので、今年大台の100万円に届くでしょう。


意味はなくても区切りのいい数字は気分がいいものです。


既存の投資ルールを続ける限り達成できそうなので、目標の一つに「累計配当金100万円」を足しておきます。


それではみなさま良き投資人生を

関連記事


閲覧ありがとうございます。下のボタンからシンガポール情報や米国株情報をご覧いただけます!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑