私は2018年9月からVOOへの集中投資を開始しました。


それまで保有していた個別株は売却していませんので、まだまだVOOへの投資比率は全体から見て少ないですが、それでも9月、12月で定期買い増していき今では70口のVOOを購入しています。


そして・・・


そのVOOが・・・


絶賛含み損中です。

VOOの成績
  • VOO保有数:70
  • 平均購入単価:US$ 257.49
  • 評価損益:US$ −619
VOO投資を続けるには、こういった短期間(中期?)での評価損益に一喜一憂しないことです。

気にするなというアドバイス

 まあ、そんなに気にするなよ、なんて会社の先輩が言っていたなら、少し信頼が揺らぐ事案です。


もちろん気にしないというのは個人投資家の一つの武器とも言えますが、より具体的な手法をまとめると、VOO集中投資のコツは、投資資金を貯めることです。


シンプルでかつ効果的な投資を続けるために、投資資金が必須です。

粉末緑茶問題に流されません

そして投資資金を得ようとしてやりがちなのが節約です。


でも、節約をして得られる金額よりも、その時間に得られる見込みの価値と比較する必要がありますよね。


んで、節約で得られる金額、価値よりもその時間に費やす行為の価値上昇を狙ったほうがいいと思っています。


例えば、粉末緑茶は用意するのも、水筒を洗うのも手間がかかります。


かなり小さい金額を節約するために、それに見合わない行動をとって、時間がかかってしまったらそれは悪性の節約です。


ていうかそもそも自分が飲むものを自分で用意している時点で、投資家側にいけないのでは?と思えてしまいます。

閲覧ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチ!よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑