2019年3月はVOO(ヴァンガードS&P500ETF)の分配金を今年初めて貰えるワクワクな月です。


現在の価格に対する利回りは2%前後で、インカムゲイン目的や高配当株を主体とする投資家からは人気の薄いETFですが、その価格上昇に隠れがちな分配金は着実に増配しています。


ということで分散投資で長期保有に適したVOOさんの分配金の推移をまとめました。


利回りが低いという理由で避けないでいただきたい!ね!

安定の分配金に微笑みを

今月中に追加投資を予定していますが、私はまだ70口しか保有していませんので、貰える金額にすると1万円程度に落ち着きそうで寂しい感じもします。


でも分配金(配当)を安定してもらえるという点はとてもありがたいと思っています。


ありがとうヴァンガード。


ありがとうVOO。

分配金推移(7年で4倍て?)

VOO分配金推移
こちらはVOOの四半期ごとの分配金を年単位でまとめたものです。


一応増配していますね・・・!!!


いや一応というか!


2011年から2018年(たった7年)で貰える金額は約4倍増加しているじゃないですか!


こりゃいいやな〜!


▶分配金詳細はヴァンガード社公式サイトをどうぞ!
(英語サイトですが変なリンクではありません。)

利回り推移(7年で2倍か)

VOO分配金利回り推移
こちらは上記の分配金推移を元に、毎年12月のVOO株価に当てはめた利回りの推移です。(そのため、一般に出回っているものがあったら少し価格が異なり利回りも変わっているかも知れません。)


金額は4倍近く増えているのに利回りは2倍程度に落ち着いていますが、それはもちろん株価が分配金の伸び以上に上昇しているからですね。


私は、昨年からVOOへの投資を始めたため、平均購入単価(US$ 257.49)が高く、ここで挙げた利回りと株価上昇の恩恵はまだ受けていません。


しかし、投資期間をもっと伸ばして(といっても待つだけですが)、もっと価格が上昇して含み益がでてくれば、最近は増配の続くVOOですから、利回りがどんどん上昇していくでしょうね、フッ(*´ω`*)(一人の男が強く願う希望中の希望)

VOOってインカム視点で見てもいいね

VOOの分配金は7年で4倍になりました。


頭を空っぽにしてこの調子で増えると仮定すると、28年後(約59歳)にはいったい年間いくらになっているのでしょうか。(256倍です!)


思わず分散投資で価格が落ちない安心感を理由としてVOOを購入してきましたが、インカム面でももっと注目されていいのでは?と思ってしまいました。


とは言っても、もちろん増配率は下がってきているので、7年で4倍が4周期も続くはずがないと思っていますよ。

増配率推移(ちょっと伸び悩み)

2012年〜2018年の毎年増配率推移
それでも株価上昇して利回り2%台を維持できるようであれば十分ですけどね。


参考まで。

閲覧ありがとうございます。下のボタンを1日1ポチ!よろしくお願いします!
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ or  にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
↑↑↑↑↑↑↑↑↑ポチッと↑↑↑↑↑↑↑↑↑