シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> シンガポール生活

国民のほとんどがHDBと呼ばれる公営住宅に住んでいるシンガポール。その公営住宅を基点として、これほどまで医療や食事、交通網(バス停多し)が整備された都市国家は少ないのではないでしょうか。そんな個人の生活の中心地HDBは本当にたくさん筍のように建てられていて、そ ...

シンガポール政府の努力のおかげで、海外から来る観光客数は、人口の3倍以上にものぼるシンガポール。そんな人気観光地での最大の悩みは『することを探すこと』ではないでしょうか。国土が小さいことで簡単に移動できるのはいいのですが、丸3日もあればある程度観光地を行き尽くすことも可能なほどのまとまりようで、旅行の早い段階でプランを消化してしまうこともあるでしょう。そこで『することがない』『やることない難民』の方に向けて、シンガポールで体験できる低コストのアクティビティ(と言う名の暇つぶし術)をまとめました。 ...

シンガポールを拠点として配車サービスから始まり、今では決済ネットワークまで手がけるグラブ(Grab)が、ソフトバンクビジョンファンドから14.6億ドル(約1634億円)の調達を発表しました。最近、シンガポールに4つある拠点を統合して、新社屋のぶち上げを発表したり、ちょ ...

このブログでは何度も『シンガポールで働くのがおすすめ』と伝えていますが、唯一と言っていいくらいの悩みがランチの時間にあります。 シンガポール中心地区のオフィス街でランチをしようとすると、その種類・店舗の豊富さに不満はありませんが、とにかく人の量がすごくて、 ...

シンガポール政府環境局の努力によるのものか、それともカラーバス効果によるものなのか、シンガポールを舞台としたアニメ作品が最近になって、注目を浴びているように感じています。カラーバス効果とは、ある一つのことを意識することで、それに関する情報が無意識に自分の ...

OCBCの一般的な360アカウント(普通口座)で最大3.5%のボーナス金利が得られるということで、世の中の、特に「シンガポール移住してみたい」と思っている方の背中を押すことができればと思って高いボーナス金利が得られる方法をまとめてみました。 ...

電通鬼十則ならぬシンガポール生活鬼十則 lah〜 電通鬼十則は仕事を上手く進めるコツ広告マンに限らず、働く全ての人に「仕事とはなにか」を強烈に印象づけさせる電通鬼十則。もうすでに記憶から薄れてきていると思いますが、電通過労死事件で槍玉に挙がったことで、ご存知の ...

↑このページのトップヘ