シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の保有株式価値は1,200万円です。2018年の配当金額は30万円強。シンガポール生活のことも話します。

> 海外株式

S&P500連動型ETFのVOO。 私はその安定した右肩上がりの株高に惚れて、2018年の9月から他に目もくれず(いや目移りしながらも)あなたへの集中投資を続けています。 VOO保有数:70 平均購入単価:US$ 257.49 評価損益率:−7.0% 個別株でクソ株に当たってしまうリスクを恐 ...

私の住むシンガポール その地にあるシンガポール証券取引所(通称SGX)で、2018年に行われたIPO件数は15件と控えめです。(2017年は20件)一方で、私のメイン投資先である米国市場では、2018年の後半、7月〜12月の間だけで81件という上場っぷり、資金調達っぷりを見せつけて ...

米国タバコ株を代表する銘柄フィリップモリス[PM]は、2018年末の株価急落で、想定配当利回りが急上昇しています。長期投資家、配当再投資家としても、とても魅力的に映る高配当の同銘柄ですが、個別株として投資することは控えています。それは「よくわからないものには投資 ...

あれよあれよと株価上昇 US$7.57という株価で昨年末を過ごした2018年の爆損株は、1月10日の終値でUS$8.94まで上昇し、その上昇率は驚異の+18%となっています。 営業日にして7日という短期間に18%も上昇する株って・・・ ホルダーには嬉しいトレンドですが、なにか不気味な、 ...

ネット販売最大手の無配当グロース株アマゾン[AMZN]が、ライバル勢(AAPL、MSFTなど)の株価息切れの合間をぬって時価総額世界一になりました。時価総額は約7,970億ドル、日本円で約87兆円ということで・・・もはや大きすぎてよくわかりません。年末に転がってきた暴落とも言 ...

タバコ株は高い収益性を背景に連続増配を長年続けてきたことが認められて、米国株投資クラスタに人気の銘柄群です。 しかし最近は紙巻きタバコだけでなく、電子タバコへの風当たりも強くなり、1月7日の株式市場では時価総額トップレベルの代表的な三大タバコ株、フィリップモ ...

アジア金融の中心で活躍するシンガポールは、上場株式の高配当っぷりが有名です。そんな高配当銘柄に恵まれたシンガポール株式市場で、代表的に用いられる株価指数がSTI(ストレーツタイムズインデックス)です。今回はシンガポールへの投資を検討されている方に、STI ETFの ...

↑このページのトップヘ