シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> 生活の思考

マリーナベイサンズ屋上プールからの景色や高級ホテルでのハイティーなど、キラキラしたイメージが強い国シンガポール。国内観光もお金をかけることで超ハイセンス旅となること間違いありません。しかし!何も全員が全員、いつでもキラキラしなくてもいいでしょう、というこ ...

注意本記事は節税方法や納税方法などを丁寧に解説する高価値の記事ではありませんのであらかじめご了承ください。 税金が安いことで有名なシンガポール。法人税だけでなく個人所得税の低さは、当地で暮らす海外駐在員にも優しい税制ですね。海外から優秀な人材を集めるため ...

(*^^*)この記事はクレジットカードの発券を勧めるものではありませんのであらかじめご了承ください。 フードコートやホーカーなどローカル小規模店舗にも、QRコード決済など非現金決済がすっかり浸透しているシンガポール。 以前の記事「シンガポールでキャッシュレス生活 ...

OCBCの一般的な360アカウント(普通口座)で最大3.5%のボーナス金利が得られるということで、世の中の、特に「シンガポール移住してみたい」と思っている方の背中を押すことができればと思って高いボーナス金利が得られる方法をまとめてみました。 ...

電通鬼十則ならぬシンガポール生活鬼十則 lah〜 電通鬼十則は仕事を上手く進めるコツ広告マンに限らず、働く全ての人に「仕事とはなにか」を強烈に印象づけさせる電通鬼十則。もうすでに記憶から薄れてきていると思いますが、電通過労死事件で槍玉に挙がったことで、ご存知の ...

キャッシュレスチャレンジ!現金使わない生活をただただ記録していくだけ東南アジア随一の金融国家であるシンガポールでは、政府の前向きな施策によって、日常生活の中にもフィンテックがどんどん浸透してきています。ホーカーなどの一部の少額決済飲食店では「現金のみ!」 ...

常夏の国シンガポール。天気予報を見れば暑い日かクソ暑い日の2種類しかなく、移りゆく気候を楽しむことなんてない退屈が続く日々。クリスマスは目前に迫っているわけですが、もちろんホワイトクリスマスなんてものはなく、クリスマス当日だって気温はおそらく30度(暑いかク ...

どうもバフェットマーライオンです。今回は記事タイトルにあるように「シンガポールで生き抜く術」について書いています。尚、就職・キャリアステップとか、生活節約法とか交渉術とかそんな高尚なものは一切なく、文字通り命を大切にするための方法・注意点をまとめています ...

↑このページのトップヘ