シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> アルトリア

下落に次ぐ下落から立ち直り始めているタバコ株3兄弟のアルトリア(Altria Group[MO])、フィリップモリス(Philip Morris International Inc.[PM])、ブリティッシュアメリカンタバコ(British American Tobacco p.l.c.[BTI])のうち、二人の株価が3月6日に爆上げしました。 ...

ボコボコに売られてきた三大タバコ株、フィリップモリス、アルトリア、ブリティッシュアメリカンタバコの3社が今度は仲良く株価上昇を演じています。フィリップモリス[PM] +1.98%アルトリア[MO] +3.1%ブリティッシュアメリカンタバコ[BTI] +1.94%この3社が1日で手に入れた ...

米国株ブログ村ですっかりお馴染みのタバコ株、アルトリア・グループ[MO]の株価が、1週間で+13.89%の暴騰を演じました。最近の急落による反動だとは思いますが、投資初心者、素人投資家が下手にMO株に手を出すと、痛い目に合いそうな不安定さがありますね。困ったものです。 ...

昨年から、超高収益のタバコメーカーも先行き見通しが不透明になってきて、その流れを受けてまたもや仲良く大幅株安を演じた彼らがそこにはいました。フィリップモリス[PM] -3.3%アルトリア[MO] -3.1%ブリティッシュアメリカンタバコ[BTI] -2.7%この3社が1日で失った時 ...

世界的なタバコメーカーで、米国株ブログ村でも大人気のアルトリア・グループ[MO]の株価が、たった1日で−6.91%の株価暴落を演じました。この下落幅は最近では2017年の7月に記録した−9.49%に次ぐ大幅株安であり、ホルダーの気持ちは揺れ動いているでしょうね。 タバコ株の ...

タバコ株は高い収益性を背景に連続増配を長年続けてきたことが認められて、米国株投資クラスタに人気の銘柄群です。 しかし最近は紙巻きタバコだけでなく、電子タバコへの風当たりも強くなり、1月7日の株式市場では時価総額トップレベルの代表的な三大タバコ株、フィリップモ ...

↑このページのトップヘ