シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> シンガポール株

我がポートフォリオの22%を占めるエネルギー関連株が意識を取り戻してくれて、ついに含み損の沼から這い上がってきてくれました。その自慢の評価損益は+1%です。普通の人がみたらたった1%?となりますが、これまでの二桁%評価損に比べたら、なんと気持ちのいい数字でしょうか ...

大型銘柄の下落が目立った今週は、私のVOO(ヴァンガードS&P500)の損失が広がりました。 先週評価損益:US$ −880 今週評価損益:US$ −992(US$ -192) それでも、通信株の損失縮小で、ポートフォリオは、最近続いていた回復基調のまま継続しています。 全体では含み損を ...

『やば...米国とシンガポールの高配当通信株の比較から見えた景色』では、シンガポールの通信企業第2位スターハブの高配当っぷりが際立つ結果となりました。アジアでもトップクラスの高配当銘柄であふれかえるシンガポール株式市場では、インカム投資家にとっては穴場と言える市場になるかも?元から高い利回りのシンガポール株ですが、改めて上位陣の顔ぶれを見ていきたいと思います。 ...

私はシンガポールの高配当通信株、スターハブ[CC3]の株式を保有していて、含み損爆進中です。 アジア屈指の高配当市場シンガポールの中にあって、トップレベルの高配当株であったスターハブの購入を後悔しなかった日は、、たまにありますが20〜30年後の資産拡大を目指してい ...

嵐の前の静けさか、それとも12月の株安が夢だったか、私のポートフォリオはハイテク株が先導して損失傷が癒えてきました。それでもまだ含み損圏内にいますし、米国株式市場も日々大きく動いていて、予断を許してはくれません。ただそういう苦しいときこそ配当で、、って1月配 ...

日本では(Twitter界隈では?)「脱◯◯」とか「サロン」とか流行ってますね〜。私も便乗して、「脱損失」したいと思っていますがなかなかうまくいきません。脱損失サロンを運営されている方いませんか?入会に1円だって払いたくありませんが、興味はあります。(変な投資勧 ...

ようやく正月気分も終わって、仕事にも精がでてきた(人が周りに増えました)。雑誌、メディアでは2018年の大波乱を引き合いに早速、「2019年は投資するには危険な年」や「今こそ買い向かえ」といった囃し立てる言葉で賑わっています。私の2019年の目標は投資ルールに従い、 ...

米国株を中心としたポートフォリオを組んでいる、シンガポール在住サラリーマン投資家バフェットマーライオンです。 2019年も赤裸裸に投資成績を記録していきますのでどうぞよろしくお願いいたします。 VOOの大幅回復 ここのところ大きく下げていたVOOですが、金曜日に大きく ...

↑このページのトップヘ