シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> 海外株式

連続増配銘柄として不動の人気を誇るジョンソンエンドジョンソン[JNJ]が、またもや株価大幅下落に見舞われています。NYダウ、ナスダック、S&P500の力強さを尻目に前日比−4%超の急落です。 ベビーパウダー危機よりは断然まし驚異の10%超えマイナスとなったベビーパウダー危機 ...

2018年に絶不調であったGE(ゼネラル・エレクトリック)は今年に入り、ものすごい勢いで株価を戻してきていました。 関連記事えちょっと待って!?不人気GEさん株価爆上げで復活の兆ししかし!そんな2019年イケイケ銘柄に変化していたGEさんが、過去の鬱屈な自分を思い出したか ...

度々の不祥事を乗り越えて、やっと黒字化していた米国電気自動車のテスラ(Tesla, Inc.[TSLA])は、販売台数の減少で、またもや投資家の期待をないがしろにしています。バフェットマーライオン(VOO集中投資中:シンガポールで配当再投資生活:米国株中心の資産運用ブログ)@ ...

買えば下がる、買おうと思ったら上がるETFといえばそう、VOO(S&P500ETF)です。今月も追加投資して間もなく、株価はずるずる下がっていきました。 関連記事S&P500が前日比−1.90%?米国株大幅安で乳歯のようなグラグラポートフォリオに−2019年3月3週投資成績投資履歴公開! ...

私の投資先の一つVOO。VOOとは米国を代表する企業約500銘柄で構成された、米国株指数S&P500の価格に連動するETFです。低コストへの努力を惜しまないヴァンガード社(The Vanguard Group, Inc.)が運用するETFで、その経費率の低さには頭が下がります。ペコリ。 VOOの人気化は ...

VOO(ヴァンガードS&P500ETF)は、私が購入した直後に下がりやすい子です。そんなつくづく下がっていたVOOも、私が3ヶ月に1回と定めている3月の購入月に株価を上げてくれています。でも、そんな上がって、、4月には突き落とすんじゃないの?ねえ?どうなの?あの日買ったUS$2 ...

VOO(ヴァンガードS&P500ETF)先輩の上昇が力強く続いています。やっと含み益が見えてきた昨年の9月にVOOへの投資を開始してから急落したVOOの株価は、今年に入り順調に(順調すぎる!)上昇してきて、今ではUS$ 260まで届くほどです。勝手に上昇してくれているおかげで、最 ...

2019年3月はVOO(ヴァンガードS&P500ETF)の分配金を今年初めて貰えるワクワクな月です。現在の価格に対する利回りは2%前後で、インカムゲイン目的や高配当株を主体とする投資家からは人気の薄いETFですが、その価格上昇に隠れがちな分配金は着実に増配しています。ということで分散投資で長期保有に適したVOOさんの分配金の推移をまとめました。利回りが低いという理由で避けないでいただきたい!ね! ...

↑このページのトップヘ