シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の株式運用額は約1,400万円で、2018年の配当収入は30万円強です。シンガポール生活のことも話します。

> 高配当株

早いもので(→ブログ書いている人の口癖ランキング上位に「早いもので」ありますよね?)5月が終わりますね。日本は10連休があったので、会社員の方は労働時間短かったのではないでしょうか。知らんけど。日本人が5月病と戦っている間に、私は次なる再投資への原資=配当せ ...

またもやタバコ株3兄弟が仲良く下落していますね。 2019年4月3日深夜時点MO(アルトリア):−2.06%PM(フィリップモリス):−1.44%BTI(ブリティッシュアメリカンタバコ):−1.66%もちろんタバコ株に投資している人の多くが、短期視点の株価は気にしていないと思いますが ...

配当受領月にこだわりのない私は1月、2月と無配当の月を過ごしてきましたが、3月になり配当をポロポロと手に入れてほくそ笑んでおります。そんな私の3月の配当金総額はS$375(日本円で約3万円)でした。何の理由もなく3万円もらったらすごく大きい金額に感じられますが、ZOZO ...

下落に次ぐ下落から立ち直り始めているタバコ株3兄弟のアルトリア(Altria Group[MO])、フィリップモリス(Philip Morris International Inc.[PM])、ブリティッシュアメリカンタバコ(British American Tobacco p.l.c.[BTI])のうち、二人の株価が3月6日に爆上げしました。 ...

シンガポールの通信企業で高配当株銘柄スターハブ[Starhub(CC3)]は、2018年の通期決算を発表し、そのダメダメっぷりを露わにしました。また、これまでの四半期4セントの配当が2.25セント(−40%超!)に減配されることもあって、スターハブの株価は奈落の底に落ちていきまし ...

昨年から、超高収益のタバコメーカーも先行き見通しが不透明になってきて、その流れを受けてまたもや仲良く大幅株安を演じた彼らがそこにはいました。フィリップモリス[PM] -3.3%アルトリア[MO] -3.1%ブリティッシュアメリカンタバコ[BTI] -2.7%この3社が1日で失った時 ...

世界的なタバコメーカーで、米国株ブログ村でも大人気のアルトリア・グループ[MO]の株価が、たった1日で−6.91%の株価暴落を演じました。この下落幅は最近では2017年の7月に記録した−9.49%に次ぐ大幅株安であり、ホルダーの気持ちは揺れ動いているでしょうね。 タバコ株の ...

『やば...米国とシンガポールの高配当通信株の比較から見えた景色』では、シンガポールの通信企業第2位スターハブの高配当っぷりが際立つ結果となりました。アジアでもトップクラスの高配当銘柄であふれかえるシンガポール株式市場では、インカム投資家にとっては穴場と言える市場になるかも?元から高い利回りのシンガポール株ですが、改めて上位陣の顔ぶれを見ていきたいと思います。 ...

↑このページのトップヘ