シンガポールで配当再投資生活(米国株とシンガポール株による資産形成ブログ)

シンガポール在住の投資初心者日本人(30歳)が米国株とシンガポール株(+休眠中の日本株)で資産形成を目指します。現在の保有株式価値は1,200万円です。2018年の配当金額は30万円強。シンガポール生活のことも話します。

> 高配当株

シンガポールの通信企業で高配当株銘柄スターハブ[Starhub(CC3)]は、2018年の通期決算を発表し、そのダメダメっぷりを露わにしました。また、これまでの四半期4セントの配当が2.25セント(−40%超!)に減配されることもあって、スターハブの株価は奈落の底に落ちていきまし ...

昨年から、超高収益のタバコメーカーも先行き見通しが不透明になってきて、その流れを受けてまたもや仲良く大幅株安を演じた彼らがそこにはいました。フィリップモリス[PM] -3.3%アルトリア[MO] -3.1%ブリティッシュアメリカンタバコ[BTI] -2.7%この3社が1日で失った時 ...

世界的なタバコメーカーで、米国株ブログ村でも大人気のアルトリア・グループ[MO]の株価が、たった1日で−6.91%の株価暴落を演じました。この下落幅は最近では2017年の7月に記録した−9.49%に次ぐ大幅株安であり、ホルダーの気持ちは揺れ動いているでしょうね。 タバコ株の ...

『やば...米国とシンガポールの高配当通信株の比較から見えた景色』では、シンガポールの通信企業第2位スターハブの高配当っぷりが際立つ結果となりました。アジアでもトップクラスの高配当銘柄であふれかえるシンガポール株式市場では、インカム投資家にとっては穴場と言える市場になるかも?元から高い利回りのシンガポール株ですが、改めて上位陣の顔ぶれを見ていきたいと思います。 ...

私はシンガポールの高配当通信株、スターハブ[CC3]の株式を保有していて、含み損爆進中です。 アジア屈指の高配当市場シンガポールの中にあって、トップレベルの高配当株であったスターハブの購入を後悔しなかった日は、、たまにありますが20〜30年後の資産拡大を目指してい ...

米国タバコ株を代表する銘柄フィリップモリス[PM]は、2018年末の株価急落で、想定配当利回りが急上昇しています。長期投資家、配当再投資家としても、とても魅力的に映る高配当の同銘柄ですが、個別株として投資することは控えています。それは「よくわからないものには投資 ...

タバコ株は高い収益性を背景に連続増配を長年続けてきたことが認められて、米国株投資クラスタに人気の銘柄群です。 しかし最近は紙巻きタバコだけでなく、電子タバコへの風当たりも強くなり、1月7日の株式市場では時価総額トップレベルの代表的な三大タバコ株、フィリップモ ...

アジア金融の中心で活躍するシンガポールは、上場株式の高配当っぷりが有名です。そんな高配当銘柄に恵まれたシンガポール株式市場で、代表的に用いられる株価指数がSTI(ストレーツタイムズインデックス)です。今回はシンガポールへの投資を検討されている方に、STI ETFの ...

↑このページのトップヘ